• マルアールオーナー

四季の喪失と洋服について

最終更新: 2019年3月31日

こんにちは、オーナーの佐藤です。


おどろおどろしいタイトルで始まりましたが、もうすぐ平成も終わる今日この頃。。。

「煩わしい気温差の季節」、いやもとい、、、

心躍る桜の季節がやってまいりましたね☆



おっと雪をかぶった桜ちゃん

うっかり心の声が先に出ちゃいました。


桜は嬉しいのですが、いつもこの季節は気温差が激しくなります。

仕方ない。

日本は四季の国だから。

お箸の国の人だから。。。

桜はその象徴なのだから。。。


って、四季っていうけど、最近ほんとに四つありますか?季節。


二季になってません?二季に。


半袖の次はダウンが要る。。又はTシャツの人とダウンの人が混在する。

みたいな事になってますよね。



マルアール的には、いや佐藤的には実はこれは結構嬉しい事でもありまして。。。

もともと、あまり垣根がない性分なので、

季節でぱっきり分けられるのが苦手でした。


極寒の中、夏物を考え、汗だくの中、羊の毛と戯れる。。。。

わかんねー

と常々思っていました。はい、すいません。

来年はこれですよーーー感が苦手でした。

「みんな着たいもの着ればいーじゃん」

と思っていました。

あーこれ怒られるやつです。「だれに?」

でも実際その場になって企画しても遅すぎるので仕方ないのですが。


大手のアパレルは特に、多店舗展開しているので前倒し前倒しの企画は当然ですよね。

(そのうち弊社もやるんですぜ)

ただ、昔の様に、春はトレンチ、夏はTシャツ、秋もトレンチ、冬はダウン、みたいな決まりが

だいぶ無くなっているのも事実ですね。


だって4つないんだもーーーん

季節が。


春と秋さん

どこ行ったの?

日替わりで登場するくらいの照れ屋感ですよね。

春かと思ったら冬だった。みたいな。

なので今日の写真は雪をまとった桜をチョイスしてみましたが。


ここでまた前回の「自分のスタイル論」出ちゃいますが

私は常々人によって違っていいと思ってきたので

逆にこの二季現象はちょっと嬉しいんです。


平成も終わるし、消費税もあがる、オリンピックも近いし

日本は今、かつてないほど変化変化の空気が漂っていると思います。

今までの常識とか決まり?みたいな物もすごいスピードで変化してますよね。

それゆえ、自分をしっかり持っていないとあっちゅう間に振り落とされちゃう。

要するに先がみえない。

希望がわかない

そんな時代になってると思います。


特に気温も定まらない国になってきたので洋服に迷う方が増えていると思います。

でも、服が決まらないと気持ちもくっさりしませんか?


ただ、くっさりするのも必要ですよね。

一度くっさりしてからのー

「やっぱこれすきー」

て大事だと思います。

確信が生まれるから。

前の自分を見失ってからの再発見、これは佐藤も何度もしてきましたが、人生に必要な作業だとおもいます。


ぶれたからこそ生まれるぶれなさ、みたいな。


四季が二季になりつつある今。

なのでーーー®では二季に対応できる着方を考えてます。

いや一緒に考えましょう。

夏物も冬対応に考えてみたり。

いろんな着方で「おおおお、いいじゃん」

となる瞬間をいつも狙ってます(笑)



そうそう、実は「素材」が洋服の要素の大半を占めるんですよ。


みなさん無意識かもしれませんが、体型を見たときに大体素材って人によって分かれるんです。


次回は「素材」に付いて実はもう下書きしてある記事をこねくりまわして完成したら

アップしたいと思います。


ところで店内、今めっちゃカラフルでかわいこちゃんいっぱいいます。

店内にいて自分もテンションあがります。


是非是非遊びにいらしてくださいね。



レイアウトがまたまた変わってます、うふ☆

下北沢にある インポートセレクトショップ

boutiqueマルアールです。

「高そうに見えてリーズナブル。人とかぶらない大人服」

をコンセプトに毎週仕入れをしております。

2018年12月22日に改札口が変わりました。

新しくオープンした東口改札からすぐの本多劇場と同じビルの1階にあります。

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-10-15 マルシェ下北沢1階 (本多劇場1階) 営業時間 10:30 - 19:30 (毎週第3月曜定休日) マルアール:03-5454-2611 メール:courage74340@yahoo.co.jp ホームページはこちらをクリック インスタグラムとフェイスブックもよろしくお願い致します facebook @boutique.marur instagram @boutique_marur















47回の閲覧